千葉県知事選は現職森田健作氏が当確!投票率や他の候補は?

投票

2017年の千葉県知事選挙の投票が終わり、
現職である森田健作氏の
当確が報道されました。

今回の投票率なども気になりますし、
どうして森田健作氏が勝ったのか?
今後の県政はどうする方針なのか
をまとめました。

お暇な時にご覧ください。

スポンサーリンク

現職の森田健作氏が当選確実

2017年の千葉県知事選挙は
森田健作氏が当選確実との一報が
直ぐに公表されましたね。

特に大きな失態も犯さず
クリーンなイメージがある現職でしたし
対抗馬となるような候補もおらず
信任投票のような形になりました。

候補者を簡単にまとめた記事は↓をどうぞ。

千葉県知事選挙2017の立候補者は4人?3人じゃないの?
千葉県知事選挙の立候補者のポスター街中を歩いていて目に入っていたのですが3人分しか見かけません。今回も現職の森田健作知事が再選かな?なんて思いつつ、政策が気になったので調べようとした所、実は4人だとはじめて知ったのでどんな方々なのかチェックしました。

消去法という言い方は好きではありませんが
実際の所、そういった雰囲気が
多分に含まれています。

天気も悪かったし、速報でもビックリするぐらい
低い投票率でしたが
実際にどの位低かったのかを見てみましょう。

今回の県知事選の投票率

千葉県選挙管理委員会の19:30の発表によると
今回の県知事選の投票率は以下の通りです。

また、前回の投票率との差も一緒に載せておきます。

※数値は%です。
男性:21.47: -2.59
女性:20.76: -3.25
合計:21.11: -2.93

かなり減っていますね。

最終的には投票率は31.18%で
前回の31.96%を下回っているので
やはり下がっている事には変わりませんね。

私個人の意見が多分に含まれて恐縮ですが
投票率低下の要因を考えました。

投票率低下の要因は?

とりあえず、ネットで私が目にした
投票に行かなかった、
もしくは行けなかった原因・要因ですが
以下の通りです。

  • 雨が降っていたので行きたくなかった
  • どうせ現職が当選するので行かなかった
  • そもそも今日が県知事選挙だと知らなかった

私が先に消去法の選挙・信任投票である
と評したとおり、現職が当選するだろうと
そう考えて足を運ばなかった人は
一定の割合でいるようです。

なにしろ県民のほとんどは投票所に
足を運ばなかったわけで。

雨が降ったというのも原因の1つでしょう。

折角の休日に雨が降って、
外に出かける用事が選挙というのは
足を運ぶのをためらう要因になるでしょうし。

「どうせ俺が行かなくても、
結果は変わらないだろうしなぁ」

なんて考えたりですよね。

今日(3月26日)が選挙と知らなかった

街中に選挙ポスターが張ってありますが
選挙が行われる事は知っていても
それがいつであるかは知らないというより、
興味が無いという方が多いのでしょうね。

また、タイミングが悪いといいますか
政治的な問題としては『森友事件』
非常にヒートアップしている現状で
千葉県知事選挙というのは
たいして興味を惹かれなかったのかなぁと。

他の都道府県はわかるのですけれども
関東圏であるがゆえに、ローカルの情報が
目に入ってこないのですよね。

他にもなんといいますか、
整体やマッサージ、老人ホームや介護施設など
そういった場所ばかりがポコポコ増えていて
投票にいける人間が
そもそも減っているのではないかと。

さらに私の勝手な想像ですが
相撲中継で稀勢の里を応援していた
そんなお爺ちゃん・お婆ちゃんが
多かったんじゃないかなぁと。

現職が続けて立候補する事に
安心しきっていた土地柄といわれれば
そうなのかもしれませんし。

スポンサーリンク

森田健作氏が評価された点?

森田健作氏で評価されているなーと
そう感じるのは主に2点。

  • クリーンなイメージの政治家であること
  • 仕事は出来る人間に任せていること

地方のトップとしては
これだけで良さそうに見えますね。

クリーンなイメージ

消去法とか失礼な事を言ってしまいましたが
クリーンなイメージというのも重要ですからね。

そもそもが前県知事である堂本暁子氏は
約30億円に上る不正経理という事件がありましたし
現職の森田健作氏が非常にクリーンに見えてしまいます。

自民党にいながら、無所属として出馬したなど
黒よりのグレーな記憶もあるのですが
以降は特に問題を起こしていないのですね。

仕事は職員に、責任は自分に

仕事に関してですが、
アクアライン以外は何をやったのかよくわからない
というのが本当の所ですよね。

そのせいで対立候補には
仕事をしていない
などと言われてしまいました。

実際は責任だけ取る形で
殆どの業務を県職員に任せているようです。

これをどう評価するかですが、
石原慎太郎元都知事がちょうど話題で
素人がトップでわからない事を指示しても
ろくな事にならないと思えてきました。

仕事は出来る人に任せて、
責任をトップが取るというのは
個人的にはよい組織だと感じます。

千葉県知事選挙を終えて、今後の県政は?

さて当選が確実な森田健作氏ですが
今後どのような県政を行っていくのかというと

  • 就学資金の貸付などを行い、医師を増やす
  • 待機児童の解消のため、保育士の賃金をアップする
  • 東京オリンピック・パラリンピックで地域活性

当選確実の報道が流れた時の
インタビューではこんなことを語っていました。

恥ずかしながら、千葉でも
競技が開催される事をはじめて知りました。

今のところ承認されているのは

■幕張メッセ
『東京オリンピック』

  • フェンシング
  • レスリング
  • テコンドー

『パラリンピック』

  • ゴールボール
  • シッティングバレーボール
  • 車いすフェンシング
  • テコンドー

■一宮町・釣ケ崎海岸
『東京オリンピック』
サーフィン

以上8種目。

どのように地域活性されるのかは
今後に期待するとします。

千葉県民として望んでいるのは
不正経理とかのない無難な県政
無理矢理な改革では無いんだよなぁ
と東京を見ながら感じました。

今回の結果もそういった民意が
隠れた無所属層からの投票として
現れたのではないでしょうか。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする