牧師ROCKSのメンバー一覧!ライブでアーメンや懺悔室も?

バンド-ライブ

全員が本物かつ、現役の
牧師さんで構成される異色の
ロックバンド牧師ROCKSです。
そのメンバーを一覧にしてご紹介!

ライブでは観客の掛け声が
アーメンであったり、
懺悔室ブースが設置されるので、
誰でも懺悔が体験できるとか(笑)

こういったバンドが成立するのも
日本ならではと言いますか、
日本って良い国だなーと思う私です。

スポンサーリンク

牧師ROCKSとは

2013年に結成されたロックバンド
全員が本物かつ現役の牧師という
異色の構成になっています。

元々は神学生だったメンバーも
今では立派な牧師さんに。

仏教系バンドは割と耳にする機会が
あるので知っていましたが
そうですよね、牧師バンドだってあるよね。

宗教の勧誘目的ではなく
キリスト教以外の人は足を運びにくい
イメージがある教会との壁を
取り払うことも活動の
目的の1つなんだそうです。

牧師ROCKSの発信する
メッセージについてこう語る。
「賛美歌などで使われている言葉は、
格調が高過ぎて心に入ってきにくいし、
若者が集まるゴスペルはテンションが
高過ぎて一歩引いてしまう人もいる。
それでは心に届かないと思い、
僕たちは日常で格好いいと思うキリストを、
生の言葉と大好きなロックで、
無理せず、気負わず、
表現するようにしています」
引用元:http://www.christiantoday.co.jp/articles/14818/20141216/pastors-rock-band-boxi-rocks.htm

メンバーは単に音楽が好きで
バンドをやっていて
そのメンバーが全員牧師で
じゃあ自分達に何が出来るのか?
という観点なのですよね。

私が思うにこういった視点で音楽を
やっているバンドってほとんどが
ベテランのイメージがありました。

それを結成4年でやってしまう所が
やはり牧師さんだなーという
感想を抱きましたね!

牧師ROCKSメンバー一覧

基本的にルーテル教会
所属する牧師で構成されています。

主な教団と宣教母体は4団体あるようですが
相互で協力関係にあるので
一般人的な認識では似たようなものかなーと。

だって、日本福音ルーテル教会と
西日本福音ルーテル教会の違いって
……JRみたいなものですかね?

それでは牧師ROCKSのメンバー
担当楽器どこの教会に行けば会えるのか
まとめてみました。

ベース&ボーカル:関野和寛(リーダー)
所属:日本福音ルーテル東京教会主任牧師

ボーカル&ギター:関満能
所属:日本福音ルーテル水俣教会・八代教会

ギター&ボーカル:笠原光見
所属:日本ルーテル教団浦和ルーテル教会

ドラム&ボーカル:市原悠史
所属:ルーテル甲府・諏訪教会牧師

中には幼稚園で牧師をされている方もいて
本当にやっているんだなーと(笑)

スポンサーリンク

ライブでは”アーメン”が飛び交い懺悔室も

歌詞に”アーメン”とある曲もあって
その時には観客もアーメンと叫ぶ
なんでしょう、書いているだけで
ライブ見てみたくなるんですけど。

懺悔室ブースを設置したライブも
過去にはあったようで
懺悔の体験が出来ます。

ライブ会場のあの高揚感の中でなら
懺悔室に飛び込むことも
ハードルが下がりそうですよね!

「冥土の土産にライブに来た」という90歳の
おばあちゃんに対して
「キリスト教に冥土はねえぜ」と返したり
本当にロックです(笑)

ロックバンドとしてはファンの年齢層が
凄まじく幅広いので下は幼稚園から
上は90代まで牧師によるバンド
という強みを感じさせます。

信仰が自由すぎるのが素敵です!

牧師ROCKSの対バンは仏教系バンド?

宗教系バンドということで
ちょくちょく仏教系のバンドと
対バンをすることもあるそうです。

以下対バンでの1コマ

牧師:さっきは悪口言ってごめんね……。
坊主:いえ、こちらこそ……。今度、栗拾い行きましょう。
牧師:ちなみに、入山料とか拝観料とか、とらないよね?
坊主:えーっと……。い、いらないですよ……。
引用元:http://evenear.com/article/detail/324

MC面白すぎでしょ(笑)

MCも説法しているからか
両バンド共にレベルが高い。
観客の引き込み方を
理解しているのでしょうね。

おそらく今後もちょくちょくと
対バンしてくれるはずなので
両方見てみたいという方は
対バンを待っているといいかも。

宗教・年齢問わず、宗教勧誘皆無

ファンなのか信者なのかわからない
そんな観客が多いようですが
牧師ROCKSのライブでは
宗教・年齢問わず、宗教勧誘皆無
うたい文句でライブしています。

注意しなくてはいけないのが
宗教系バンドでありがちな
不足の事態が起こって
ライブに来れないメンバーが
多発するということ(笑)

あくまで本業は牧師さんなので
看取ってくれと言われたら
そちらを優先します。

ファンも信者が多いので
その辺は理解している様子で
4人フルメンバーの方が
珍しいバントなんですよね。

そういった事情も含めて
面白いと思えないと
ファンにはなれないのが
個人的にはツボでした。

今後もひっそりと
評価されて欲しいバンドの中に
牧師ROCKSが刻まれました。

タイミングが合えばライブに
行ってみたいですね。

尚、私は神道の模様。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする