熱海温泉誌の評判が良く売れ行きも好調!通販か図書館で待つか?

本

実はアマゾンはカテゴリーを絞って
1位にして宣伝するという”全米第1位”
みたいな宣伝方法があるのですが、
熱海温泉誌の評判は内容も
評価されての好調です!

通販図書館で待つか?
単なる温泉ガイドではなくて、
歴史書として読物として面白い
というのがまたニクイですね!

スポンサーリンク

熱海温泉誌とは 評判や好調のわけは?

さて、話題のこの本の正式名称は
”市制施行八〇周年記念 熱海温泉誌”
というものでして、最初に聞いたときには
温泉雑誌なのに売れてるの?すごいね?
と疑問に思ったのですが納得。

熱海の温泉の成り立ち・歴史・文化・観光・
人・街づくりを5つの大きな時代区分のもと、
項目テーマ別に読み物として紹介。
中世・近世・近代文学、歴史・考古学、
経済史、都市・建築史、温泉文化史、
観光地理学、温泉医学、地球物理学など
幅広い分野の専門家・研究者を含む
総勢27名が執筆。
熱海温泉郷の魅力と実力をあらためて知る、
温泉好き・熱海好き・歴史好き必読の一冊です。
引用元:http://sks.shuppanbunka.jp/atami/

そうです、ただの温泉ガイドといったレベルの
書物ではなくてありとあらゆる角度から
熱海に関してまとめられた、いわゆる
”究極の熱海本”なんです。

正直な話ですが、最初に私が考えたように
温泉本として期待している人は
ちょっと購入するのは待った方がいいでしょう。

おすすめできる層として考えられるのは
TV番組で恐縮ですが”ブラタモリ”を
毎週楽しみに見ている方なら
楽しめると思います。

残念ながら我々一般人では
あのように楽しむことはできませんが
この熱海温泉誌を片手に
熱海をブラブラする……
うわーすごい楽しそう(*ノノ)

熱海温泉誌初版3000部は売切れそう

通販のみではなく、地元・熱海の書店や
お土産やさんにも置かれているそうですが
思った以上の売れ行きだそうですよ!

熱海市役所近くの書店「芹沢百貨堂」では、
入り口前に専用コーナーを設けたところ、
仕入れた70部が1カ月で残り4部になった。
店長の芹沢靖さん(69)らは
「遠慮気味に仕入れたが、
あっという間になくなってしまった。
ロングセラーになってほしい」と話す。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000012-jij-soci

初版の3000部の7割は既に売れており
学校の生協や図書館からの問い合わせも
増えているそうなので近く増刷するのではないかと。

報道されましたし、存在を知って
興味を持った方も増えたでしょう。

スポンサーリンク

熱海温泉誌は通販で購入する?

熱海温泉誌の情報は以下の通り。

値段:3000円+税
ISBN:978-4-88338-614-7
体裁: A4判 並製 384ページ オールカラー

3,000円が高いと思いました?
ページ数を良く見てください
”384ページ オールカラー”
気合はいりすぎでしょ作成委員会さん(笑)

見た目きれいですが、鈍器になりそうな。

この通りのボリュームと価格なので
漫画や小説を購入するように
気軽には(少なくとも私は)いかないので
よく検討してくださいね!

市制施行八〇周年記念 熱海温泉誌 (発行:熱海市)

石川理夫 出版文化社 2017-04-10
売り上げランキング : 288

by ヨメレバ

表紙がめっちゃキレイ、
これは良い意味で驚き。

これだけ話題になりましたし、
増刷するでしょう。

全国の図書館で少なくとも
注文があるでしょうし。

私のオススメは図書館!

私のオススメは断然、図書館で借りることですね。
通販で紹介しておいてなんですけれども。

サイズやボリュームから
手元において置くというよりも
子供の頃に買って貰った様な
図鑑のような扱いになりそうなんです。

でも図書館で借りて、一定期間で返す
これならどんなものかもわかりますし
本当に欲しい場合に新品を
購入すればいいわけです。

借りたい本の検索ですが
私は以下のサイトを利用しています。

カーリルは全国6000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。

もし近場の図書館になくても
蔵書のリクエストをしてみたりと
色々できますので
読んではみたいけれど
今すぐでなくても良い場合もおすすめ。

セルフ・ブラタモリしたい

熱海温泉誌があれば、自分でブラタモリ的な
熱海巡りができると思いましたね。

ただ、サイズとページ数から
かなりの重量になる予感(笑)

中身が気になる1冊として
私も近場の図書館でリクエストしてみます。

そうなんですよ、近隣になかった orz
これから増えると思うので
次の旅行シーズンまでには
読めることを期待します。

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする