Amazonプライムビデオの無料版が開発中?日本ではどうなる?

Amazonプライムビデオ
無料で見られるとしたら
貴方はどうしますか?
私は歓迎しちゃいますけど。

アメリカのAmazonで
プライムビデオを
広告アリにすることで
無料で見られるサービスを
現在開発中とのこと。

YouTubeとかかな?(笑)

日本でもやって欲しいのですが
動画配信サービスが増えて
広告ではなく視聴による
コンテンツを売る方向が
主流となる中でどうなるのか。

基本的のこの手の話題は
ユーザーにとって
都合が良い予想は
外れるというのが
私の持論なのですよね。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオといえば

Amazonプライムビデオといえば
バンバンCMも出しているので
オリジナルコンテンツも
色々あるのは皆さん
ご存知かと思います。

確かにあれはちょっと課金して
見てみようかなという気に
させてきますよね(*ノノ)

日本でのサービスは
Amazonプライムビデオに
限定するならば
30日間の無料サービスの後
解除しない場合は自動的に
月額課金へ移行します

その課金額も

月額:400円
年額:3,900円(月325円)

と、私が知っている中では
安い方の課金額
他にもサービスがあるので
加入しているもしくは
過去に加入していた方も
多いのではと思います。

実際私も特撮ファンなので
仮面ライダーアマゾンズの時は
ついつい登録しちゃいましたし。

オリジナルコンテンツに
いいなと思うものが
割と多い印象なんですよね。

Amazonプライムビデオの無料版が開発中?

といってもアメリカで
発表があった段階の模様。
ぶっちゃけリーク。

Amazon Developing a Free, Ad-Supported Version of Prime | Digital – AdAge
引用元:http://adage.com/article/digital/amazon-developing-a-free-ad-supported-version-prime/311273/

これは無料プライムビデオの
配信コンテンツを視聴できる代わりに
広告を導入するというものですが
どのようにするかによっても
評価が分かれそうですね。

テレビのCMやYouTubeなどの
広告のように動画の合間に
挟む形になるのか?

それとも動画を視聴中は
常に広告が表示され続けて
ちょっと邪魔な感じになるのか?

個人的には後者かなと。
利点としては間に広告を
挟むタイプの動画は
録画して編集すれば
無かったことにするのは
簡単なように思えます。

一方後者だと最初から
広告が入っているので
編集しても違和感が残ります。

コンテンツの権利を守る
という観点だと後者なのですが
広告サイズなどの問題もあり
どうなるかはまだわかりません。

収益の為に両方導入したり
画面の半分が常に広告
なんて可能性もあるわけで(笑)

スポンサーリンク

広告ありで無料、なしで有料どっち?

基本的に広告ありで無料なら
とりあえずで無料の方を
選んじゃいそうな気がします

今はFire TVなどで
テレビで動画を
見ようと思えば見られます。

無料のコンテンツが増えれば
この価値も高まりますよね。

このFire TV Stickは、
色んな動画配信サービス
というかニコ動やYoutube
ゲームなどもできちゃいます。

さらにこの中に
Amazonプライムビデオが
無料で入ったら
今よりも更に売れそう(笑)

ちょっとぐらいの広告なら
無料版のほうを選びます
色々と調整が
難しそうではあります。

無料期間過ぎたら広告表示なら○

現状では無料期間を過ぎると
有料のプライム会員に
自動的に移行するという
システムになっています。

もしこれが無料期間が過ぎた後
広告が表示される
無料版へと移行されるとしたら
貴方はどう感じますか?

私の場合ですが
「無料体験した後に勝手に
有料になる心配がないなら
登録してみようかな?
という気持ちになります。

多くの動画配信サービスで
無料期間を設けています。

しかし、その後は自動的に課金
という所が多いですよね。

その中でもし登録解除を
忘れたとしても勝手に有料会員に
ならなくていいサービスが現れたら
これは結構ウケるんじゃないかと。

後は無料では途中までしか
見ることが出来なかったり、
そもそも視聴することが
できないコンテンツなりを
用意することで有料版へ
誘導する方向にする。

これだけでもイメージが
かなり良くなると思います
それはチョロイおっさんな
私だけではない(はず)

なので個人的には
さっさと日本でもやってくれ
というのが私の願いですね(笑)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする