赤ウニとはどんなうに?旬や通販の値段は?白ウニとの違いは?

ウニ

ウニと言えば↑のような
黒いイガイガなイメージですが
赤だとか紫だとかピンクだとか
調べると意外とカラフル。

最初と言うか子供の頃は
何だか苦手だったウニ。
今では大好きなのですが
種類とか気にしてますか?
赤ウニ違いに注意です!

私は気にしていなかったので
赤ウニと言われてもパッとせず。
なので色々と調べてみました。

やお値段通販はしているのか?
白ウニもあるの?などなど
おっさんの疑問を調べてまとめています。

美味しければいいけれども、
色々と知っていると
話のネタになったりするので
こういうのいいですよね。

海鮮系の居酒屋さんで
注文を取り仕切るフリをしつつ
ウニをねじ込むタイプの私。

さらにねじ込みやすくなるネタを
手に入れたとほっくほくです(笑)

スポンサーリンク

赤ウニとはどんなうに?

早速調べてみると、
なんだか記述が安定していない
こことここで言っている事が
ちょっと違うと言うことがあって
調べていて混乱した私。

そもそもの話ですが
赤ウニと呼ばれているものが
複数ある事が発覚。

ヒラタウニエゾバフンウニ
2種類ですがどちらがより
珍重されているかと言うと
ヒラタウニの方です。

こちらはTOKIOでお馴染みの
DASH島でもとることができ、
真横から見ると扁平な形をしていて
棘は短いためにヒラタウニと呼ばれます

ヒラタウニ
東京湾から南方、
特に九州沿岸の西側に
生息する温帯性のウニで
体長は5~8cm程。

漁獲量は年々減っており、
水深の深いところの
岩場の影に生息しているため
単にとりに行くだけでも大変。

その上、傷つくとすぐに死んでしまう
デリケートな一面を持つなど
まさに幻と言われるにふさわしい
それがヒラタウニという『赤ウニ』です。

余談ですがウニといえば
出てきた時に箱に詰まったまま
出されるのも好きな私。

お店でキレイに並べられているアレ
実は手作業で行われています。

殻から取り出し、
下処理をして、
箱に盛り付ける。

いわれてみれば、確かに
機械化が難しそうな作業で
それをお箸でぐいーっと
台無しにして口へと運ぶのが
好きな私としては
ちょっと申し訳ない気持ちに(*ノノ)

赤ウニと白ウニの違いって何?

一応身が赤いもの
オレンジっぽいものを『赤ウニ』

赤ウニ

身が白いもの
黄色っぽいものを『白ウニ』

白ウニ

と大まかに分けて市場では
呼ばれているようですね。

味の違いですが
赤ウニは「濃厚な味わい」
白ウニは「あっさり上品な甘さ」
という違いがあります。

ただ、赤ウニ自体は年々
漁獲量が減少していますし
そもそも地元でのニーズが高く
中々出回らない

その辺をわかった上で
一度味わいたいものですが
それなら旬やどこがいいのかも
知りたくなりますよね。

スポンサーリンク

赤ウニの旬や食べるならどこで?

まずは赤ウニの旬ですね。
ちなみに北海道、
エゾバフンウニの方ならば
に出荷が多いです。

ヒラタウニの方はというと
7月~10月中旬
その中でも最も美味しくなるのが
産卵前の10月中旬

最も美味しい期間が
15日程度しかないため
どうしても生が食べたい人は
毎年時期を見計らうことに。

産卵後苦味が出てきたり
風味が落ちるために
翌年まで休漁になります。

ちょうど一番いい時期に向けて
段々美味しくなる食材
こう考えると素敵ですね。

ではどこがいいかというと、
それはどこも自分達が
一番美味しいと宣伝しているので
以下の中からどうぞ。

  • 兵庫県の由良
  • 長崎県の平戸
  • 熊本県の天草

地元があったらそこを勧めますが
どこも行った事が無いので(*ノノ)

赤ウニの値段や通販はしてるの?

主に地元で絶大な需要があり、
しかも季節物であるため
執筆時点(10月)には
すでに通販されているものは
ほぼ、ありませんでした

出てきたものも、北海道や
ロシア産とかでてくるので
その辺は注意が必要ですね。
赤ウニ違いです。

私が調べた所、完売していたお店では
50gで2,800円でした。

これはウニ8個分の重量なのですが
さすがのお値段ですね。
大体50g3,000円換算。

私が探して見つけたお店だと
赤ウニ単品系は大体が
売り切れだったので
通販としてはシーズンが終了してます。

↑もよく見ると紫ウニの名前が
入っているので赤ウニだけでは
ないのでしょうね。

先ほどもちょっと書きましたが
赤ウニで探すと北海道などの
エゾバフンウニも一緒に
検索で引っかかってしまいます。

なので産地で検索するのが
通販で探すポイントですね。
『赤ウニ 由良 or 平戸 or 天草』
みたいな感じで。

鉄腕DASHとか見ていると
TOKIOが本当に美味しそうに
食べているものですから
ついつい私もと考えちゃう。

しかし調べてみたら
記事執筆時にはシーズンが
終了していると言う悲しい

8月頃に放送してくれれば
私も食べれたかもしれないのに!
なーんてね。

熊本出身の友人が
「ウニはもっと美味いのがある」
と口にしていたのですが
調べてようやく理解しました。

表記が混ざっている上に
知らないと季節を逃す
ヒラタウニの方の赤ウニ
いつか食べてみたいなぁ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする