72時間ホンネテレビの裏側や舞台裏?AERAでAbemaTVの特集が!

SNS

元SMAPのメンバー3人による
72時間ホンネテレビ
豪華ゲストの裏側で
スタッフも物凄い数が
動いているのが見え隠れしています。

2017年11月6日発売の
AERAではその舞台裏
3人のインタビューと共に
掲載されます。

72時間ホンネテレビ
見るためだけにネットテレビの
環境を整えたり
調べたりした方は多かったはず。

NHKの受信料の問題や
そもそも地上波が
面白く感じなくなってきた今

AbemaTVのような
ネットテレビという選択肢
よりいっそう輝いて見えます。

スポンサーリンク

72時間ホンネテレビは歴史的な番組に

全然まだまだ時間がある
タイミングで累計視聴者数の
歴代最高を記録しています。

「AbemaTV」の特別番組「稲垣・草ナギ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」の累計視聴者数が、放送開始から約15時間半が経過した3日午後0時41分ごろで1430万となり、歴代最高を記録した。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000152-sph-ent

これはちょうど、三谷幸喜さんと
3人が出演するミニドラマを
2時間で即興で製作する
というコーナーの最中のことで
見ていた人も実は多いのでは?

これまでの記録は
2017年5月に放送された
「亀田興毅に勝ったら1000万円」
1420万でした。

この番組自体は5時間ほどでしたが
放送後1ヶ月間視聴可能で
その期間含めての数字なので
今回の数字が如何に驚異的な
数字を叩きだしているかよくわかります。

私も最初のSNSの投稿の
イイネの数が画面更新ごとに
凄まじい数増えるので
思わずお茶を噴出しそうに
なったぐらいですからね(*ノノ)

72時間ホンネテレビの裏側や舞台裏が気になる

正直言いますと、72時間といっても
もっとこじんまりとした感じに
なるんじゃないかと思ってました

しかし実際にフタを開けてみると
3人による主題歌から始まり
収録する場所をわけたり
大量にスタッフやカメラを
配置するなど準備が凄まじい

特に主題歌は「あれ?
SMAPにこんな曲って
あったかな?」
なんて思った人
私だけじゃないはず!

こうなってくると番組の裏側
舞台裏がどうなっていたのか?
直前の3人のホンネ
気になってきませんか?

実は週刊誌のAERAにて
AbemaTVの取材が行われ
その中には元SMAPの3人の
インタビューが掲載されています

スポンサーリンク

AERAでAbemaTVの特集が!

2017年11月6日(月)発売
AERA11月13日号は390円。

忘れそうな人は通販で
キープというのもありですね。

表紙は元SMAPの3人ではなく
ハリソン・フォードさんなので
本屋さんやコンビニで探す時は
3人の顔で探さないように
注意が必要です( ´∀`)b

AbemaTV総力特集と題して
「AbemaTV『72時間ホンネテレビ』の舞台裏」
を巻頭記事で特集しています。

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、
香取慎吾さんの本番直前の
表情をとらえた独占グラビアなど
ファンなら注目の記事が!

こういうの今までならTVなんとか系の
雑誌でやっていたと思うのですが
AERAとはびっくりですね。

もちろんAbemaTV特集なので
Abema関連の記事が盛りだくさん。

「72時間ホンネテレビの為に
アプリをインストールしたけど
ぶっちゃけこのあとどうしよう?」
と思っている方は
新しい興味をこの特集で
見つけることができるかも?

ネットテレビの普及の転換期

ちょうどこの記事を書いた日に
めちゃイケおかげです
番組終了が報道されていました。

地上波のなあなあで続くような
番組は次々と終了して
視聴者は自分達が見たい
価値のある番組を自分達で
選ぶことができるように
これからなるんじゃないでしょうか

目下最大の敵はNHKの
受信料問題だと思いますが
AbemaTVなどのネットテレビ
FODのようなビデオオンデマンド

これらが熾烈なしのぎを削り
良い番組が生み出されるように
なってくれるといいですよね。

花にけだもの

実際にビデオオンデマンドでは
↑のように地上波ではやらない
オリジナルのドラマを制作し
他のサービスとの差別化が
どんどん進んでいます。

72時間ホンネテレビはそういった
時代を動かす転換期の
起爆剤になったんじゃないか?
私はそう思えてならないのです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする